Friday, September 22, 2017

システマ東東京 ロシア武術システマ公式団体

ロシア武術システマ公式団体 システマ東東京

江戸川病院の新たな生き物たち

Posted by admin On 4月 - 19 - 2015
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
email this

先日までお世話になっていた江戸川病院がテレビで紹介されたので、最新の江戸川病院の写真を紹介します。 昨年まではいなかった新たな生き物が今年は増えまくっていました。もうミニ動物園レベルです。テレビでもネットでも紹介されてなさそうな最新情報です。

病院入口付近にウミガメ、変な熱帯魚コーナーができていました。

umigame1

このウミガメが可愛くて、入院期間中日に何度も見に行っていました。

泳ぎ方が優雅で手足が長く、後ろから見るとペンギンが泳いでいる姿に似ています。
緑亀とは全く違う生き物のようです。
よく寝ている時があり、全く動かずに水中を漂っていました。

あまりおりこうではなさそうで、曲がろうとしてガラスにぶつかって困っていることがよくありました。

初日にウミガメを見ていたら、入院患者のおばあさんが
「ワニがいるらしいんだけどどこかしら?」

と話しかけてきたので、一緒に探すと、

moniter2

 いました。ワニ?らしきものが。この時はワニだ!と思ったのですが、ワニらしきものがいたケースの上に

 moniter1

とありました。後で調べてみたら、モニターとはオオトカゲのことらしいので、
これはワニではなくオオトカゲのようです。

このおばさんが
「白蛇もいるらしいわ!」
というので、白蛇を探しに行きました。

すると、ヘビコーナー(を兼ねた待合室)がありました。

hebi

 しかし、白蛇はいません。代わりに

sirohebi

 謎の鳥居。

sirohebi3

 これは白蛇が死んで祀られているのか?

IMG_20150414_125310

 鳥居の下にはこの水槽がありましたが、ヘビは見当たりません。

後日、屋上に散歩に行くと、何か作っています。

回転hebiokimono

 白蛇の置物です。作者の方に聞いてみたら、下のヘビコーナーで白蛇の横に置く予定だそうです。
しかも、白蛇はいつも隠れてるけどいるとのこと。改めてヘビコーナーへ見に行くと、

sirohebi(1)

 いました!!

これまた目がクリクリと大きくて可愛いです。
写真には写りませんが、舌がペロペロとせわしなく動いています。
小さいながらこちらを獲物のように狙っているかのようでした。
白蛇はこの後石の下に引っ込んでしまい、その後も何度も見に行ったのですが、白蛇は出てきてくれませんでした。この日は白蛇様のお導きだったのでしょう。

他にもフラミンゴが増えていました。

huramingo

 雄と雌のつがいのようです。

雄の頭に傷のような汚れがあり、雄のチェックのために飼育員の方が入っていたときがありました。
雌が怯えて逃げまわり、それを匿うように雄が追いかけ、飼育員と雌の間に雄が立ちはだかる。
その結果、雄は見やすい位置にいるのだが近づくと雌がまた逃げる、雄もにげる
という都合がいいんだか悪いんだかわからない状況が続いていました。

    Designed by website templates