Monday, April 24, 2017

システマ東東京 ロシア武術システマ公式団体

ロシア武術システマ公式団体 システマ東東京

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
email this

参加者有志によるトレーニングレポートを掲載します。

■回復
○息を止めながら1回転床を転がる。動きを止めずに回復する。回転する回数を増やしていく。
○息を吸い少し吐いて息を止め1回プッシュアップ。その後、自分のやり方で回復する。15回まで行う。同様に時間もあればスクワット、レッグレイズも行う。

■コンタクト
○ペアになり、相手の体に軽く触れる。次に相手の体を軽くなで姿勢や体の構造を把握し、体に手の重さを加え相手の姿勢に働きかける。相手の体の中心軸に向かって動かしやすい向きに動かす。
○姿勢の把握。相手に正面から押された場合、腹部が出て耐えようとするため逆に耐えられない。それを改善する為、腹部の後ろ辺りの背骨をなるべくまっすぐに伸ばす。壁などを使って背中全体が当たるような姿勢にする。
○ペアになり、相手にまっすぐ歩いてきてもらう。それを避けながら相手の肩と腰に手を添えついていく。慣れてきたら自分や相手の動きを止めずにテイクダウン。相手になるべく接近し、肩の手で前に進むのを止め、腰の腕を進む脚にあわせて下に伸ばし、相手の足を余計に前に出させるようにして崩すこと。
○ペアになり、相手にナイフを刺してきてもらう。ナイフの前から体を避ける。
○上記に避けた後相手の体に手を添えるワークを加える。
○ペアになり、相手にナイフを刺してきてもらう。ナイフを避けながら相手の腕または肩を持ち、テイクダウンさせる。相手の肩のラインをまっすぐのまま左右に傾けて崩す、両腕を後ろから下に向けて引く、相手の腕を交差させ捻るなどいろいろなテイクダウンの仕方を試す。

■プッシュアップ
○10回。

■円座

    Designed by website templates