Tuesday, November 21, 2017

システマ東東京 ロシア武術システマ公式団体

ロシア武術システマ公式団体 システマ東東京

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
email this

参加者有志によるトレーニングレポートを掲載します。

■セミナーの感想
○ヴラディミアセミナー参加者がセミナーの感想や印象に残ったワークを話す。

■セミナーの復習:ブリージングワーク
○息を吸い少し吐いて息を止め1回プッシュアップ。回復したら3回、5回と奇数で回数を増やして15回まで行う(時間短縮のため。通常は1回ずつ増やしてよい)。回復は床に転がる、歩くなど体を動かして脈拍、呼吸、血圧、精神的(恐怖心など)に正常な位置まで戻すこと。回復した目安は何回も試しながら自分なりのベストな状態を模索する。
○上記をスクワット、レッグレイズでも行う。

■セミナーの復習:エスケープ
○ペアになり、掴みかかってくる相手を避けた際、相手の体に手を触れた状態にする。最初は歩いてくる相手の軌道から避ける。相手が歩き出した時から避けはじめ、その際体が相手に向いていること(斜めに避けた為に体が斜めになってはいけない)。
○上記を拳を突き出して行ってもらう。近づかれて慌てるのではなく、早めに動き出して避けること。
○上記を掴みかかってもらう。掴みかかってくる腕に自分の腕を添え、下をくぐるように避ける。その際下をくぐる為に後ずさりせず、腰を落とすのではなく背をかがめてくぐる(背骨は曲がってはいけない?)。出来るようになったら連続して掴みかかり、避けるほうは避けた際、相手の体に手を触れる。
○上記にテイクダウンを付け加える。2点で崩す要領でリラックスして相手の構造を崩す。その際、自身がリラックスしてやわらかさで相手を崩すようにする。

■円座

    Designed by website templates