Sunday, June 16, 2019

システマ東東京 ロシア武術システマ公式団体

ロシア武術システマ公式団体 システマ東東京

トレーニング参加者有志によるトレーニングレポートを掲載します。

■暗闇での移動
○適当に配置したイス、机に触れないように中腰で移動する。触れて音が出たらその場でローリング。明るい中で慣れたら明かりを消して行う。
○暗闇の中でほふく移動してひとりを捕まえる。イスや机に触れないように移動する。

■準備運動
○プッシュアップの状態で足を持ってもらい前進し、横になっている人の上を越えていく。
○立っている人に足を浮かして抱きつき、おちないようにその人の体を一周する。
○立っている人の足を横になって持ち、首以外を地面につけないように持ち上げる。立っている人はその足を押し、横になっている人は足が地面につかないようにする。10回。
○三人並んで立ち、真ん中の人が両端の人の方に手を置き、足をもってもらって逆腕立て10回。

■プッシュアップ、シットアップ、スクワット
○息を吸って上がり、吐いて降りるを10回。息を吐いて上がり、吸って降りるを10回。

■ストライク
○立っている相手にプッシュアップで体を登っていき、降りる。力は下のほうにかかるように拳を置く。立っているものは腰を落とし、ひざを出す。背筋はまっすぐにし、腹部はリラックスさせる。前、後ろ行う。
○ペアになり、相手の体に拳を当て押す。マッサージするように優しく行う。押されたほうはリラックスし、自然に息を吐く。相手の体を一周し、中腰で足も押す。
○ペアになり、相手の体に拳を当て強く押す。押されたほうは力に逆らわず、自然に動く。一通り終わったら、動かないように耐える。
○上記を片足で立って押す。
○3人組になり、リラックスして腕を持ってもらい、もう一人の腹部を拳で押す。腕を持って押すほうもリラックスして行う。片足の状態でも行う。
○向かってくる相手をストライクで止める。体を前に出さず、心持ひじを曲げて少し遅めのタイミングでストライクを打つ。打とうとする気持ちだけが 先走り、体勢が崩れないようにする。相手を違う方向に押すワークも行う。出来るようになったら、いろんな方向からかかってきてもらう。
○殴りかかってくる相手を手を使って捌き、ストライクで押す。捌く腕は添える程度で体を移動して相手の拳に当たらないようにし、捌く手と同時に ストライクを入れる。ストライクを入れる練習なので手は開かないように。出来るようになったら、いろんな方向からかかってきてもらう。

■円座

    Designed by website templates