Sunday, June 16, 2019

システマ東東京 ロシア武術システマ公式団体

ロシア武術システマ公式団体 システマ東東京

2010年11月2日トレーニングレポート

Posted by admin On 12月 - 13 - 2010
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
email this

トレーニング参加者有志によるトレーニングレポートを掲載します。
■フィギアエイト
○横になった状態で各部位を8の字に動かす。裏、表、出来たら転がりながら行う。動かす部位以外はリラックスして行う。
■呼吸
○仰向けになった状態で息を吸うとともに頭から順に足まで緊張させ、吐くとともにリラックス。逆の順番でも行う。また各部位を息を吸うとともに緊張させ、吐くとともにリラックスする。緊張させる部位以外はリラックスして行う。
○仰向けになった状態で呼吸を止め、苦しくなったらバーストブリージング。3回ほど行う。呼吸が落ち着いたらゆっくり立ち上がる。
■プッシュアップ、スクワット、シットアップ
○20で下げ、20で上がる。
■立った状態の相手に対してプッシュアップ
○立っている相手にプッシュアップで体を登っていき、降りる。力は下のほうにかかるように拳を置く。立っているものは腰を落とし、ひざを出す。背筋はまっすぐにし、腹部はリラックスさせる。
○立っている相手にプッシュアップの状態で腹部で止まる。体を叩いてもらい、立っているものにそのまま衝撃がいくように、体をリラックスさせる。
○立っている相手にプッシュアップで体を登っていき、降りる。体を伸ばしきって行う。相手の腹部あたりにきたら、体を伸ばせるところまで伸ばす。
■ストライク
○お互い向かい合って立ち、体を押してもらう。足が動かないように力を下のほうに逃がす。押されただけ動き、戻る時は早くもなく、遅くもなく、自然な速さで戻る。背中も押してもらう。
○上記を片手でも行う。
○拳を相手の体に当てる。力を相手の中心(背骨、へそ辺り)に加えて崩そうとする。相手の動きやすいように力を加えず、先回りして力を加えても良い。押されるほうは力を感じただけ動き、崩されないように体を動かして、力を逃がす。姿勢は不自然に崩れないよう注意する。
○相手の腹部に触れた状態からストライク。腕はリラックスさせ、体の力を使わずに、ひじだけを前に出すようにする。
    Designed by website templates