Sunday, June 16, 2019

システマ東東京 ロシア武術システマ公式団体

ロシア武術システマ公式団体 システマ東東京

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
email this

トレーニング参加者有志によるトレーニングレポートを掲載します。
■準備運動
○ローリングの状態で首を入れ替える。胴を圧迫されて自然に空気が出るようにリラックス。首が真ん中の位置でリラックスできるように。
○地面に座って足の裏をつけるようにあぐらをかく。サイドにゆっくり円を書くように転がりながら起き上がる。動きをきらず、動き続ける。
○地面に座って足の裏をつけるようにあぐらをかく。後ろにゆっくり倒れたあと、前に起き上がる。動きをきらず、動き続ける。
○仰向けの状態でひざから前に出し、起き上がる。つま先を立てて行う。
○腕立ての状態から腕を曲げて下がった後、ひじ、手のひらの順に地面につけ、上に上がる。体や足を前後に動かして行ってよい。
○壁などを使って肩甲骨を動かさないプッシュアップの感覚を掴む。出来たら地面でも行う。
○立った相手の足を仰向けになってつかむ。足を開閉したあと、そろえた足を上げるように首以外を地面につけないように持ち上げる。その状態から体をまっすぐにしてゆっくり地面につく。
○腹筋を使わないシットアップ。ペアになり相手に腹筋を押さえてもらって、上がる邪魔をしてもらう。シットアップを行うほうは、腹筋ではなく股関節の筋肉を使って(従来のシットアップで)上がる。
○立っている相手の胴に足を絡ませ、地面すれすれに体を浮かせる。この状態から腹筋で上がり、相手の腹部にストライクを打つ。その後、腹筋で上がり、腹部にストライクを打たれる。
■相手のテンションに働きかけ崩す
○相手の背後から肩に手をかけ、下に崩す。肩は掴まず、腕を乗せる感じでリラックスさせ、自身は移動せず、背筋を正す程度に重心を後ろに移動させることで、相手が後ろに移動しない程度に重心を傾ける。相手を良く観察して、相手のテンションがかかっている場所(崩しやすい箇所)に働きかけるように下に重みを伝える。左右前後どこか一方に力が掛かり過ぎないようにする。また、相手が体勢を立て直せないように一度下げた腕は固定する。
○上記を応用して、片手で相手を固定、もう片手で相手のテンションの掛かっている場所に働きかけ崩す。固定してる腕は相手が回ったりなどして逃げれないように移動が必要の場合は移動させ、相手を動かさないよう固定する。相手のテンションに働きかけている腕は手のひらだけでなく、例えばひじを使って両肩に働きかけたり、腕で相手のあごを上げ、崩れないようにしている相手の体勢を崩すなどの工夫をする。崩されるほうはリラックスし、腹の力を抜くことで、体勢をある程度保てることを覚える。
○相手に腕を持ってもらい、腕を動かすことで相手を崩す。やはり相手をよく観察し、どのように相手に働きかければ相手がどう動くか理解する。片腕だけに意識が行かないようにし、両腕の動きで相手を崩す。相手の後ろに働きかけても耐えられるので工夫が必要。
    Designed by website templates