Sunday, June 16, 2019

システマ東東京 ロシア武術システマ公式団体

ロシア武術システマ公式団体 システマ東東京

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
email this

トレーニング参加者有志によるトレーニングレポートを掲載します。

■準備運動
○ペアになり、長座の姿勢または開脚して背中を押してもらう。背中を丸めるのではなく、腰から折れるようにストレッチ。
○立った状態で腰から折り、地面に手をつける。突いた手を足元へ近づける。
○地面に座って足首を手で掴んで内側に曲げる、外側に曲げる、伸ばす、反るを行う。
○地面に座って足を浮かしてひざの関節を内側に曲げる、外側に曲げる、伸ばす、反るを行う。
○地面に座って片足を固定して股関節をストレッチ。
○ローリング。前、後ろ行う。
○体を丸くしてしゃがんでもらって、プッシュアップの体勢でそれを越える。
○体を丸くしてしゃがんでもらって、そこに腕立ての状態で足を乗せてそこを中心に回る。
○体を丸くしてしゃがんでもらって、そこに腕立ての状態で足を乗せてそこを中心に自分の体を回転させながら回る。
○上記のことを地面で行う。浮いた足を舌にくぐらせるように体を回転させる。
○上記のことを手を使わずに行う。ある程度やりやすいよう腰や肩などを浮かして行う。

■プッシュアップ
○5分間プッシュアップの状態を保つ。

■足をもたれた状態で相手のテンションを感じて動く。テンションを利用して相手を動かす。
○相手に足を持ってもらい、自由に動かしてもらう。動かされたほうはそのテンションを感じて動く。あくまでも動かされただけ動くこと。動きすぎると一度ひねられた状態から抜け出してもまたひねられた状態に戻ってしまうことがある。また、体をリラックスさせ、地面に体をべったりとつけるように動く。そうすることで相手に重みを与える。
○相手に足を持ってもらい、自由に動かしてもらう。動かされたほうはそのテンションを感じて動き、相手を崩す。どこが痛いか(極められつつあるか)を感じてそれから抜け出すように足を動かす。足だけでは足りない場合は体も動かす。崩しきれなくても相手を観察し、崩れやすいほうに動かしてから相手の体勢を崩せばよい。空いたほうの足も上手に使い、相手を崩す補助をする。

■円座

    Designed by website templates