Sunday, June 16, 2019

システマ東東京 ロシア武術システマ公式団体

ロシア武術システマ公式団体 システマ東東京

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
email this

トレーニング参加者有志によるトレーニングレポートを掲載します。

■ストレッチ
○呼吸を止めてストレッチ。苦しくなったらバーストブリージングをして戻る。
○うつぶせの状態で床に拳をつけ、腕以外をリラックスさせながら上体をそる。拳の置き位置や肩などを動かして最適な位置を見つける。
○うつぶせの状態で腕を取ってもらい、肩まで上げてもらう。苦しくなったらバーストブリージングで知らせる。
○うつぶせの状態で足を取ってもらい、内と外にひねってもらう。苦しくなったらバーストブリージングで知らせる。仰向けでも行う。
○床に座った状態で、腕をひねってもらう。苦しくなったらバーストブリージングで知らせ、そこで止めてもらう。その後、バーストブリージングをしながら腕を戻す。

■ローリング
○ローリングを行う。部屋の端まで来たら後ろにローリングして戻る。
○ローリングの状態で首を入れ替える。
○手の位置を動かすにその場でローリング。
○90°に曲がるローリング。後ろローリングで元に戻る。
○足首を返し、その場で横座りになるように座る。前に足を回して逆の横座りになり再び立ち上がる。ゆっくりと手を使わず座ること。分解して行う。
○拳銃を構えた状態で相手から目と銃口をそらさず、上体を寝かす。すばやく反対側の相手にも向いて横にローリングし、立ち上がる。分解して行う。

■プッシュアップ、シットアップ、スクワット
○5分間プッシュアップの状態を保つ。
○シットアップとスクワットを自分のペースで20回行う。

■相手のテンションを感じて動く。テンションを利用して相手を動かす。
○両者正座の状態でお互いの手を取る。片方が腕を動かし、もう片方のものがその動きや力を感じて動く。動かされるほうは動きを察知して動き、自分の有利な場所(相手の不利な場所)に移動する。早く動くのではなく、相手の力を感じたら滑らかな動きで動く。
○両者正座の状態でお互いの手を取る。片方が腕を動かし、もう片方のものがその動きや力を感じて腕や体を動かし、相手を崩す。相手の力が行きたい 方向を感じて動かす。また動いている最中にちょっとしたひねるを加えると相手は反応して崩れる。体は常に動き続けること。腕をひねられた時、過剰に反応し て姿勢を崩さないこと。力が加わっている場所を中心にして体を捌くと自然と相手の体勢は崩れる。

■円座

    Designed by website templates