Sunday, June 16, 2019

システマ東東京 ロシア武術システマ公式団体

ロシア武術システマ公式団体 システマ東東京

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
email this

トレーニング参加者有志によるトレーニングレポートを掲載します。

■準備運動
○ウォーキング(前進、後退)。1呼吸に対応する歩数を1歩→10歩まで伸ばし、10歩→1歩まで減らしていく。相手を崩してよい。目をつぶって、中腰で、しゃがんだ状態で、ほふく前進で、息を止め苦しくなったらバーストブリージングなどを行う。
○プッシュアップ、シットアップ、スクワットを20かけて下がり、20かけて上がる。その後、各自のペースで10回行う。
○壁に寄りかかっている相手の体にプッシュアップの要領で手を当て、登り、降りる。相手に完全に寄りかかるのでなく拳が下の方向に力が行くように当てる。2セットを前、後ろ両方行う。
○壁を使ったワーク。壁に脚をつけて体を回転させる。力で支えるのではなく、腕と足の張で体を支えるようにする。足の位置は高すぎず、低すぎず腰を上げずにちょうどよい位置を把握すること。回転する際、腕は小さく振るように回り、体を小さく回すこと。回した後つく腕はなるべく現在ついている腕と同じ位置に置くようにする。ついたあと体を支えられるように手足の位置を直してもよい。
■ストライク
○壁を背に立った相手の腹部に拳を当て、ストライクの打ちやすい位置を探し、相手の呼吸に合わせ、リラックスして拳を突き入れる。姿勢が前のめりになったり、反り返ることがないようにする(相手に余計な圧力を与えたり、力の伝わりが弱くなる為)。
○壁を背に立った相手の腹部に拳を当て、相手の呼吸を阻害するように連続してストライクを入れる。常にリラックスを心がけ、
拳が相手の腹部から離れないよう気をつける。上記のように姿勢にも気をつけること。
○壁を背に立った相手の体に拳を当て、圧力をかける。相手は足をなるべく動かさず、体をひねって拳をはずす。圧力を感じて力が逃げやすいほうに体をひねること。前、後ろ両方行う。
○横になった相手の体にトレーニングナイフを当て、圧力をかける。相手は体をひねってトレーニングナイフをはずす。二本同時でも行う。前、後ろ両方行う。
○壁を背に立った相手の体にトレーニングナイフを当て、圧力をかける。相手は体をひねってトレーニングナイフをはずすと同時にナイフを動かせないように押さえ、ストライクを入れ、崩す。ナイフから逃れるのと押さえるのをしっかり行う。ナイフは腕で挟んで押さえるなど、相手の腕を固定することはしない。その状態でストライクを打ち安いところに打つ。このとき、ストライクの基本(姿勢、リラックス、拳を握りすぎない、手首を曲げないなど)を守り、相手の体勢を崩すように打つこと。
○上記のワークを壁を背にではなく、普通に立って行う。
○構えた相手をストライクを入れ崩す。相手の緊張しているところを探し、腕を引くなどをして重心が偏ったところにストライクを入れること。
・メモ
相手をよく観察すること。相手がどう崩れていて、そこから相手をどう倒すか考えながら行う。
■円座

■準備運動 ○ウォーキング(前進、後退)。1呼吸に対応する歩数を1歩→10歩まで伸ばし、10歩→1歩まで減らしていく。相手を崩してよい。目をつぶって、中腰で、しゃがんだ状態で、ほふく前進で、息を止め苦しくなったらバーストブリージングなどを行う。 ○プッシュアップ、シットアップ、スクワットを20かけて下がり、20かけて上がる。その後、各自のペースで10回行う。 ○壁に寄りかかっている相手の体にプッシュアップの要領で手を当て、登り、降りる。相手に完全に寄りかかるのでなく拳が下の方向に力が行くように当てる。2セットを前、後ろ両方行う。 ○壁を使ったワーク。壁に脚をつけて体を回転させる。力で支えるのではなく、腕と足の張で体を支えるようにする。足の位置は高すぎず、低すぎず腰を上げずにちょうどよい位置を把握すること。回転する際、腕は小さく振るように回り、体を小さく回すこと。回した後つく腕はなるべく現在ついている腕と同じ位置に置くようにする。ついたあと体を支えられるように手足の位置を直してもよい。
■ストライク ○壁を背に立った相手の腹部に拳を当て、ストライクの打ちやすい位置を探し、相手の呼吸に合わせ、リラックスして拳を突き入れる。姿勢が前のめりになったり、反り返ることがないようにする(相手に余計な圧力を与えたり、力の伝わりが弱くなる為)。 ○壁を背に立った相手の腹部に拳を当て、相手の呼吸を阻害するように連続してストライクを入れる。常にリラックスを心がけ、 拳が相手の腹部から離れないよう気をつける。上記のように姿勢にも気をつけること。 ○壁を背に立った相手の体に拳を当て、圧力をかける。相手は足をなるべく動かさず、体をひねって拳をはずす。圧力を感じて力が逃げやすいほうに体をひねること。前、後ろ両方行う。 ○横になった相手の体にトレーニングナイフを当て、圧力をかける。相手は体をひねってトレーニングナイフをはずす。二本同時でも行う。前、後ろ両方行う。 ○壁を背に立った相手の体にトレーニングナイフを当て、圧力をかける。相手は体をひねってトレーニングナイフをはずすと同時にナイフを動かせないように押さえ、ストライクを入れ、崩す。ナイフから逃れるのと押さえるのをしっかり行う。ナイフは腕で挟んで押さえるなど、相手の腕を固定することはしない。その状態でストライクを打ち安いところに打つ。このとき、ストライクの基本(姿勢、リラックス、拳を握りすぎない、手首を曲げないなど)を守り、相手の体勢を崩すように打つこと。 ○上記のワークを壁を背にではなく、普通に立って行う。 ○構えた相手をストライクを入れ崩す。相手の緊張しているところを探し、腕を引くなどをして重心が偏ったところにストライクを入れること。 ・メモ 相手をよく観察すること。相手がどう崩れていて、そこから相手をどう倒すか考えながら行う。
■円座

    Designed by website templates